ここまで来て食べないのはもったいない!

道の駅で絶対食べたいジェラート5選

道の駅で購入できるものと言えば、産直などに並ぶ新鮮な野菜や果物、特産品などをイメージする人も多いはず。でもそれだけではありません。なかには、その地域の魅力を活かしたこだわりのジェラートやアイスクリームが名物になっているところもあるんです。専門店に勝るとも劣らないその魅力は、やはりご当地色。ここでしかできない、味わえないフレーバーがいっぱいです。
今回はその中でも、種類充実の5店をご紹介。地域の味、季節の味をドライブとともにお楽しみください。

 

鳥取県

道の駅はわい
ALOHA CAFÉ(アロハカフェ)

 

素材の特徴を知り尽くしているからこそできる
バリエーション豊富な組み合わせに脱帽

地元の新鮮な野菜やフルーツを使ったランチやスイーツなどのメニューが楽しめる、八百屋さん直営のカフェ。ここで味わえるのは、旬の野菜やフルーツを使った「プレミアム・ジェラート」です。大山の麓にある岸田牧場の牛乳をベースに、多彩な野菜とフルーツを組み合わせて作る、オンリーワンのジェラートに出合えます。

ショーケースには常時12種類のフレーバーがスタンバイ。一ヶ月に約30種類が登場し、一週間後にはラインナップががらりと変わってしまうほど種類豊富です。

 

パティシエと八百屋の知識と経験を活かした
オンリーワンの組み合わせ

レシピを考案するのはパティシエの経歴を持つ店主の村崎さん。素材の良さを見極め、寄り引き立て合うオリジナルの組み合わせで芸術的なジェラートに仕上げます。「イチゴ×山椒×ロゼワイン」や「焼きいも×オレンジ」など、初めて見る組み合わせに驚かされるばかり。一口食べれば、口の中で見事に調和し違和感ゼロ。美味しいだけでなく、高級レストランのデザートをも彷彿とさせる上品ささえ感じてしまいます。

 

おすすめはこちら

いちごと山椒とロゼワイン

よりフレッシュなイチゴの味を追求したジェラート。酸味を出すためにレモン汁を使うのが一般的ですが、このジェラートはより自然でリアルな酸味を出すためにロゼワインを使用。山椒の風味でへたに近い部分の青みのある味わいも見事に再現されています。イチゴよりイチゴ!の驚きの美味しさです。

 

焼きいもとオレンジ

地元の砂地でできたサツマイモを3ヶ月室で熟成。3次日間かけてじっくり焼いたイモを皮ごとベースにして、香ばしさも残しています。ねっとりとした食感に優しい甘さと香ばしさはまさに焼きいも。オレンジジャムの優しい酸味が華やかさをプラスします。

  • シングル450円~
  • ダブル550円~

 

DATA
店名/ALOHA CAFÉ
住所/鳥取県東伯群湯梨浜町宇野2343
TEL/050-7123-7654
営業時間/9:00~16:00(LO15:00)
休み/水曜(12月~2月)ほか、不定休
→駅ページへ

 

 

岡山県

道の駅 風の家

 

多くの一流ホテルや料亭、レストランで提供される人気ジェラートがここに

巨大な風車が迎えてくれる蒜山のランドマーク的道の駅。施設内には、乳製品や特産品、工芸品、土産物などが並びます。ここではその一角にあるジェラートコーナーに注目。ショーケースには常時10~14種類のちょっぴりハイカラなジェラートがずらり。こちらのジェラートは東京の人気ジェラート店「トゥロワム スカテール」のもの。ブルーベリーチーズケーキやマーブルパステルなど、華やかでスタイリッシュなフレーバーが揃います。夏には道の駅近隣で収穫したトウモロコシを使ったオリジナルジェラートが登場。季節ごとに変わるフレーバーもお楽しみに。

 

ジャージー牛ならではの濃厚な風味となめらかな食感

道の駅の名物といえば、ジャージー牛のミルクを使ったジャージーソフト。最初に驚くのは、手に持った時のずっしり感。ジャージー牛のミルクは少し黄みがかっているのが特徴で、これは良質な乳脂肪分が多く含まれている証拠。コクのある濃厚なミルクの味わいとなめらかな食感に魅了されます。ただでさえ食べ応えのあるソフトですが、毎週火曜日はなんと巻き放題デー。ストップと言うまで巻いてくれるので、「火曜日行ける!」という方はぜひチャレンジを。

 

おすすめはこちら

あまおう

イチゴの王様「あまおう」をたっぷりと使用。甘さと酸味のバランスが良く、フレッシュなイチゴの風味をダイレクトに感じる一品

  • シングル300円

 

ジャージーソフト

黄金ミルクと呼ばれるジャージー牛のミルクを使用。しっかりとしたミルクの味わいを感じる濃厚さと、いくらでも食べられるさっぱりさをあわせ持つ、道の駅の人気メニュー。この味を求めて遠方から訪れる人もいるほど。

  • 350円

 

「一度食べたらやみつきです」と施設長の宮尾さん

 

DATA
店名/道の駅風の家
住所/鳥取県東伯郡湯梨浜町宇野2343
TEL/050-7123-7654
営業時間/8:30~17:00
休み/無休 ※12月~3月は水曜休み
→駅ページへ

 

 

山口県

道の駅 おふく
SHERBET STAND(シャーベットスタンド)

 

シンプルisベスト!
素材とシロップのみで作る素朴でおいしいシャーベットたち

全浴槽源泉かけ流しの温泉や地元食材を使ったオリジナルメニューなどが味わえるレストラン、特産品の販売コーナーなど、多彩な魅力を兼ね備える「道の駅おふく」。施設の一角にある「SHAEBET STAND」では、地元の野菜や果物を使って隣接する工房で手作りしたオリジナルシャーベットを販売しています。ショーケースには、モリンガ、酒粕、美祢産のサラダホウレン草や木苺など、旬の食材を使った常時7種類のシャーベットがずらり。季節ごとにがらりと変わるフレーバーが楽しめる他、新作もその都度登場します。

 

素材の味をダイレクトに感じる優しい風味と口どけ

シャーベットに使うのはメインの食材とシロップのみというシンプルさ。乳製品や卵、着色料も使用しない体に優しいシャーベットは、男女を問わず幅広い層の人気を集めています。食材もできるだけ県内産にこだわってセレクト。食材を丁寧にミキサーにかけることで生まれるなめらかな食感も魅力。シャーベットと言うよりも、アイスクリームのような口どけも魅力です。

 

おすすめはこちら

徳佐産りんご

甘味のバランスが良い徳佐産のリンゴを使用。甘酸っぱいフレッシュなリンゴの風味をしっかり感じます。後口はシャーベットならではの爽やかな仕上がり。さっぱりとしていくらでも食べられる美味しさです。

  • 350円

 

長州酒造 天美酒粕

山口県の酒蔵「長州酒造」とコラボしたシャーベットは、すっと鼻に抜けるほのかな酒粕の風味と香りが特徴。代表作「天美」の透き通るような甘さとうま味が伝わる一品です。「酒粕はちょっと苦手」という人にもぜひ食べてほしい!

    • 300円
「季節の味をどうぞ」とスタッフの山根さん

 

DATA
店名/道の駅おふく
住所/山口県美祢市於福町上4383-1
TEL/0837-56-5005
営業時間/9:00~17:00 ※特産品コーナーは~18:00
休み/第2水曜
→駅ページへ

 

 

広島県

道の駅三矢の里あきたかた
縄文あいす ひとは館 ベジパーク店

 

地元の特産品を使って「あきたかた」らしさを追求した、ご当地色豊かなフレーバー

2020年6月、広島県内20番目の道の駅として誕生し、早くも来場者200万人を突破した人気の道の駅。施設には野菜が主役のレストランや野菜、魚、肉、特産品などなんでも揃う産直市、話題の高級食パン店などが軒を連ねます。産直市「ベジパーク」の店頭にあるジェラート店が「縄文あいす ひとは館」。母体の社会福祉法人が運営するひとは農園で育てた古代米を使ったアイスや特産品のえびす茶、もち麦を使ったアイスなど、常時約13種類のフレーバーが楽しめます。

 

食感が楽しい新感覚のアイス。バラエティ豊かなフレーバーが揃い踏み

ベースには佐伯区湯来町にある砂谷牛乳のミルクを使用。卵を使用しないため、ミルクのコクをしっかりと感じる後味のよいアイスが楽しめます。看板アイスの縄文あいすには、古代米がたっぷり。黒米のぷちぷちとした食感と優しいミルクの甘さがマッチした傑作です。季節限定メニューもあり、夏にはシャーベットも登場します。

自社農園で収穫した古代米

 

おすすめはこちら

縄文あいす

「道の駅ひんやりスイーツ総選挙2021」で中国地方2位を獲得。黒米の食感がやみつきになる一品。冬季限定で縄文あいすがドリンクになった「ホット縄文」(320円)もおすすめ。ぷちぷちしていた黒米はもっちりとした食感に変化し、また違った美味しさが楽しめます。

えびす茶

ナッツや花のような独特の香りと自然な甘み、かすかなほろ苦さが特徴の特産品「えびす茶」がアイスに。えびす茶そのものの香りや風味は残しつつ、優しい甘さで包み込んだ絶妙な味わいが人気。

      • スモール270円
      • ダブル430円

「シフォンケーキやもち麦どーなつもおすすめです!」とスタッフの岡部さんと古玉さん

 

DATA
店名/縄文あいす ひとは館 ベジパーク店
住所/広島県安芸高田市吉田町山手1059-1
営業時間/10:00~17:00
休み/火曜
→駅ページへ

 

島根県

道の駅インフォメーションセンターかわもと
Piccolusso(ピッコルッソ)

 

丁寧に手練りしたなめらかな食感が最高。量多めのモリモリ感も嬉しい!

島根県のほぼ中央に位置するアクセス抜群の道の駅。ジェラート専門店「Piccolusso」は2021年3月にオープンしました。後味の良いさっぱりとしたミルクをベースにした6種類が楽しめます。食べ頃になるまでひたすら手で練り続けたジェラートは、なめらかで口当たりも抜群。川本町特産のエゴマを煎ってからカスタードクリームに混ぜ込んだ、オリジナルのえごまアップルパイも人気です。

 

世界大会で優勝した川本町出身のパティシエが監修!

こちらのジェラートの監修は、川本町出身で洋菓子の世界大会で優勝した経歴を持つ、パティシエの木下拓哉さん。「ピッコルッソ」のために独自のジェラートとアップルパイのレシピを考案しました。イタリアで定番というピスタチオをはじめ、どれも木下さんがこれまで培ってきた技術を活かした本場の味。厳選した素材を使い、着色料を使用しない本格派のジェラートが揃います。

 

 

おすすめはこちら

えごまミルク

川本町特産のエゴマを煎ってから混ぜ込んだ看板ジェラート。香ばしいエゴマの風味と甘さ控えめなミルクベースとの相性が抜群。

ピスタチオ

イタリアシチリア産のピスタチオをたっぷりと使用。まるでそのものを食べているような、濃厚なピスタチオの風味を味わえる贅沢な一品。ピスタチオ好きが絶賛する人気メニュー。

      • シングル350円
      • ダブル420円
喜ばせたい一心で爆盛りしてくれるスタッフの藤本さんにもキュン

 

DATA
店名/Piccolusso
住所/島根県邑智郡川本町因原505-5
営業時間/10:00~16:00
休み/月曜
→駅ページへ

 

 

 

 

expand_less