おまん寿司(イワシコハダ)

「おまん寿司」は、島根県の郷土料理です。 鰯を酢で締め、腹に魚のつけ汁をおからに含ませたおからを甘酸っぱく炊いて入れた姿寿司です。島根県伝統の味を旅のお供にされてはいかがでしょうか。

#寿司#海鮮

さば寿司

作州地方(現在の岡山県北部)では、古くから秋になると最も美味しい鯖(さば)と新米でさば寿しを作り、秋祭りの際にもてなしていました。ふるさとを思いおこす、懐かしい味に仕上がっています。

#寿司

さば寿司

岡山の中央、海から離れた円城では、ハレの日には魚がごちそうとされてきました。昔は冷蔵技術がなく、日持ちする魚として食べられていたのが、酢で締められた焼き鯖寿司です。今でもお祭りの日には、さば寿司が登場します。

#寿司

焼さば寿し

鯖の年間漁獲量が全国トップクラスを誇る島根県。(焼きさば寿司)はその特産品を使った焼きサバを酢飯にほぐした、ちらしすしの一種です。内陸部の雲南市木次・三刀屋地区で、より遠くの地域まで運べるようにサバを焼いて輸送したことが焼きサバのはじまりだといわれています。

#寿司
expand_less