島根県雲南市

自然の恵みと
手作り田舎料理で
もてなす癒しの里

自然の恵みと手作り田舎料理でもてなす癒しの里

おろちのさと


おろちの里

News

道の駅からのお知らせ

道の駅からのお知らせはありません。

おろちの里

特産物直売所では アイスプラントやコールラビ、こどもピーマン、など周辺地域で生産・加工された食材を販売。レストランでは、エコファーマー認定を受けた槻之屋ヒーリングの「癒し米」、地元産の採れたてで新鮮な食材を使った田舎料理バイキング (1,500 円(税込)) を提供しています。季節ごとに変わる新鮮な旬の味覚が楽しめます。

特産物直売所

アイスプラントやコールラビ、こどもピーマン、など周辺地域で生産・加工された食材を販売。他ではなかなか手に入らない珍しい食材が揃います。

農家レストラン[ふる里亭]

地元で栽培された新鮮な食材を使った、素朴で優しい田舎料理が並ぶバイキングが好評。四季折々の味が心行くまで楽しめます。

住 所

〒699-1341 島根県雲南市木次町北原1603

アクセス

尾道松江道三刀屋木次IC~国道271号線~南に車で約20分

電 話

0854-48-9062

営業時間

レストラン 11:00~15:00(Lo14:00)
特産物直売所 9:00~17:00 冬期10:00~16:00

休館⽇

レストラン 毎週水曜日、木曜日、年末年始
特産物直売所 年末年始

SNS

設置施設

電話

店舗、売店

レストラン

喫茶、軽食

休憩所

情報コーナー

公園

展望地

博物館、美術館

温泉

スポーツ活動施設

宿泊施設

キャンプ場

ガソリンスタンド

シャワー

ファックス

郵便ポスト

体験施設

授乳スペース

授乳室

おむつ交換スペース

屋根付き駐車場(身障者、子育て)

オストメイトトイレ

バリアフリートイレ

EVスタンド

足湯

Gourmet

イチ押しグルメ

  • restaurant猪肉炒め

Omiyage

イチ押しお土産

  • シャインマスカットミルクジュレ(期間限定)local_mall

  • さくら茶local_mall

  • KANUKA SAUSAGElocal_mall

Yorimichi

周辺の観光スポット

石照庭園

総面積2ヘクタールの庭園です。エントランスには50tの岩、森から流れる滝、広がる池泉には島を配置。背景にある森には1万本のシャクナゲと、数千株のエビネ蘭が植わる散策道が整備されています。四季折々の美しさを満喫でき、山里の憩いとふれあいの場として訪れる人々の心を和ませています。

佐臼温泉 長者の湯

2011年に開かれた「佐臼温泉 長者の湯」は、島根県内でも新しい日帰り温泉。ここ佐白は、スサノオノミコトと結ばれたクシナダヒメと、その両親であるアシナヅチ・テナヅチが住んだ「長者屋敷」があった場所で、縁結び神社として知られる「八重垣神社」の発祥の地でもある神話のふるさとです。クシナダヒメが髪を洗ったとされる「泉谷鏡ヶ池」もあります。岩風呂・露天風呂には、尾原ダムの湖底となった斐伊川の石を使い、露天からは四季折々の奥出雲の自然が楽しめます。古事記・風土記の時代から時を重ねる「美と縁結びの地」に誕生した温泉で、心も体もキレイになりましょう。

国民宿舎 青嵐荘

自然に囲まれた斐伊川沿いにある、落ち着いたたたずまいの『国民宿舎 清嵐荘』は1300年の歴史ある薬湯です。川のせせらぎ・四季折々の風景をゆったりと感じながら、のんびり温泉に浸って癒しのひと時を堪能できます。

鬼の舌震

斐伊川の支流、大馬木川の急流が長年にわたり岩を削ってつくりだした、およそ2.3kmにわたる大渓谷。国の名勝・天然記念物に指定されています。

絲原記念館

たたら製鉄で栄えた元鉄師頭取の資料館。邸宅や茶房、庭園もおすすめ。

菅谷たたら山内

山内(さんない)とは、日本古来の製鉄法であるたたら製鉄に従事していた人たちが日々働き、生活していた地区の総称です。高殿、元小屋、長屋などが残っており、当時の風景を今に伝えています。菅谷高殿内では、大正10年(1921)まで操業が続けられ、昭和42年に国の重要有形民俗文化財に指定されました。

砂の記念碑

松本清張の不朽の名作、小説「砂の器」の舞台となり、当地でロケが行われ映画化されたことを記念して、玉峰山の麓、湯野神社前に「砂の器記念碑」が建てられました。

亀嵩温泉王峰山荘

プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選、選考審査委員特別賞「日本の小宿9選」に選ばれた宿。

亀嵩温泉

〝玉作の神が宿る山〟として「出雲国風土記」に残る玉峰山。その山懐に位置し、美しい木々と清らかな水に恵まれた亀嵩の地にあるのが「玉峰山荘」です。露天風呂は玉峰山を望め、大浴場では広々とした窓から奥出雲の四季を愛でながら湯につかれます。打たせ湯やジェットバス、遠赤外線サウナも。家族風呂は檜と岩風呂の2タイプを用意。大人3人ほどが入れるこぢんまりとした湯船では、家族水入らずでのんびりと過ごせます。きれいな水と空気で育った仁多米や地元の野菜を使った田舎料理も堪能して、キレイと元気をもらいましょう。

田部家土蔵群

鎌倉時代に紀州熊野から吉田に入部した田部家は、1460年この地でたたら製鉄を開始。松江藩鉄師頭取を務めた田部家とともに栄えた吉田町は企業城下町を形成していました。町の中心に整然と立ち並ぶ20棟の土蔵群は、当時の繁栄ぶりを物語っています。

expand_less